三田 覚之
みた かくゆき
mita kakuyuki


学芸企画部博物館教育課教育普及室 研究員等
学芸研究部調査研究課工芸室 研究員等


専門分野:日本・東洋染織、仏教美術



■ 論文等

糞掃衣について

著者: 三田 覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」図録

出版者: 読売新聞社

OPAC  

2018年 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

<資料紹介> 法隆寺献納宝物の木簡について
Wooden tablets in the Horyuji Treasures Collection, Tokyo National Museum

著者: 三田 覚之(東京国立博物館),渡辺 晃宏(奈良文化財研究所)

掲載誌・書籍: MUSEUM 第670号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2017年  10月 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

《研究ノート》法隆寺伝来「古裂」の本格的修理に伴う配置復元について
Restoring the designs of ancient textiles formerly preserved at Horyuji Temple

著者: 三田 覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: MUSEUM 第662号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2016年  6月  15日 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

多武峯伝来 十一面観音菩薩立像について
The standing Ekadasamukha formerly preserved at Tonomine

著者: 三田覚之(東京国立博物館),澤田むつ代(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 『MUSEUM』第660号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2016年  2月  15日 

関連研究員(当館): 三田 覚之  澤田 むつ代 

法隆寺伝来 描絵綾天蓋垂飾
Twill Silk Canopy Banners with painted designs formerly preserved at Horyuji temple

著者: 三田覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 『MUSEUM』第656号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2015年  6月  15日 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

法隆寺伝来・上代裂 綾幡足と錦残欠等─平成22年度修理の成果─
Banner-legs and Brocade Fragments in the Tokyo National Museum collection, among Ancient textiles formerly preserved at Horyuji temple : a report on the restoration in 2010

著者: 三田覚之(東京国立博物館),澤田むつ代(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 『MUSEUM』第655号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2015年  4月  15日 

関連研究員(当館): 三田 覚之  澤田 むつ代 

仏教美術を中心とする上代工芸作品から見た金鈴塚古墳出土金具

著者: 三田覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 『金鈴塚古墳研究』第3号

出版者: 木更津市郷土博物館金のすず

2015年  3月 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

武者塚古墳出土の銀帯状金具と宝珠形中心飾の源流

著者: 三田覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 『上高津貝塚ふるさと歴史の広場 第13回特別展 武者塚古墳とその時代』

出版者: 上高津貝塚ふるさと歴史の広場

2014年  10月  15日 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

甦った飛鳥・奈良染織の美―初公開の法隆寺裂―

著者: 澤田むつ代(東京国立博物館),三田覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 東京国立博物館特集陳列リーフレット

出版者: 東京国立博物館

2014年  8月  19日 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

聖徳太子ゆかりの宝物―天寿国繍帳と呉竹形の麈尾―

著者: 三田覚之(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 『季刊 明日香風』131号

出版者: 公益財団法人 古都飛鳥保存財団

2014年  7月  1日 

関連研究員(当館): 三田 覚之 

染織品の展示方法における新案

著者: 米倉乙世,鈴木晴彦(国宝修理装講師連盟),平河智恵(東京国立博物館),三田覚之(東京国立博物館),澤田むつ代(東京国立博物館),土屋裕子(東京国立博物館),神庭信幸(東京国立博物館)

掲載誌・書籍: 文化財保存修復学会第36回大会研究発表要旨集

出版者: 文化財保存修復学会第36回大会

2014年  6月  7日 

関連研究員(当館): 神庭 信幸  三田 覚之  土屋 裕子  平河 智恵  澤田 むつ代 

劣化で一部粉状化したガラス挟み法隆寺裂修理方法の一例―東京国立博物館所蔵作品の事例―

著者: 澤田むつ代(東京国立博物館),三田覚之(東京国立博物館),鈴木晴彦(国宝修理装講師連盟),米倉乙世,平河智恵(東京国立博物館),北島恭代,神庭信幸(東京国立博物館),土屋裕子(東京国立博物館),山崎真紀子

掲載誌・書籍: 文化財保存修復学会第36回大会研究発表要旨集

出版者: 文化財保存修復学会第36回大会

2014年  6月  7日 

関連研究員(当館): 神庭 信幸  三田 覚之  土屋 裕子  平河 智恵  澤田 むつ代