研究成果分類:


発表,実施,発行年:


検索結果:1805件

論文等

趙烈文と長垣本西嶽華山廟碑双鉤本

著者: 富田 淳(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 書学文化 第5号

出版者: 淑徳大学書学文化センター

2004年 3月 23日

関連研究員(当館): 富田 淳 

データ更新日2017-02-05

口頭発表

鎌倉時代の中国陶磁の受容について

学会,機関: 愛知県陶磁資料館/愛知県陶磁資料館友の会/愛知中国古陶磁研究会 記念シンポジウム「中国陶磁研究の“今”」

発表者: 今井 敦(東京国立博物館)

2004年 3月 7日

関連研究員(当館): 今井 敦 

データ更新日2017-09-25

論文等

「東京国立博物館蔵<国枝コレクション>国沢新九郎筆「海景」と加地為也筆「海景」について―保存修理と来歴―」

東京国立博物館所蔵の2点の油絵修理を通じて、作品の技法・材料について論じる。今回の来歴調査により、東博所蔵の90点あまりの近代洋画の旧蔵者についての情報を明らかにした。

著者: 土屋 裕子(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 『MUSEUM』,No.588

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2004年 2月 28日

関連研究員(当館): 土屋 裕子 

データ更新日2016-08-02

論文等

法隆寺献納宝物 蜀江錦褥残欠と褥裏裂―平成十三・十四年度の修理を終えて―

毎年継続して修理が行われている法隆寺献納宝物の修理報告で、今回は平成十三・十四年度に行われた蜀江錦褥残欠と褥の裏裂について、修理で得られた新知見等について詳述した。

著者: 澤田 むつ代(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 『MUSEUM』588号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2004年 2月

関連研究員(当館): 澤田 むつ代 

データ更新日2016-08-23

口頭発表

「国立博物館のリスクマネジメントについて」

標記シンポジウムのパネラーとして、美術館・博物館のリスクマネジメントの現状を報告し、問題点等についてディスカッションを行った。

学会,機関: 慶応義塾大シンポジウム「美術館・博物館のリスク・マネジメントを考える」

発表者: 松本 伸之(東京国立博物館)

2004年 1月 24日

関連研究員(当館): 松本 伸之 

データ更新日2016-08-02

論文等

青花虎鵲文壺、青花辰砂蓮花文壺、青花陽刻虎文筆筒、青花鉄砂葡萄文栗鼠飾八角形水滴

著者: 今井 敦(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 國華 第1299号

出版者: 國華社

2004年 1月 20日

関連研究員(当館): 今井 敦 

データ更新日2017-09-21

論文等

張広建について

著者: 富田 淳(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 敦煌写経ー北三井家ー

出版者: 財団法人三井文庫

2004年 1月

関連研究員(当館): 富田 淳 

データ更新日2017-02-05

論文等

江戸時代前期五十嵐派作品について-前田家関連遺品を中心に-

五十嵐道甫作と伝えられる作品には銘が記されておらず、作者の比定はほぼ伝承にのみよるものと言える。こうした状況を整理するためには、道甫の仕えた加賀藩主・前田家関連の遺品に限定して検討し直す必要があることを説いた。またそれらの作品について、地蒔粉や文様表現から制作年代や作者に関する考察を行なった。

著者: 竹内 奈美子(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 『東京国立博物館紀要』第40号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2004年

関連研究員(当館): 竹内 奈美子 

データ更新日2016-08-01

論文等

(翻訳) 李鮮馥 韓国考古学の回顧と展望

著者: 訳:定森秀夫、平群達哉、市元 塁(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 古文化談叢 第50集下

出版者: 九州古文化研究会

2004年

関連研究員(当館): 市元 塁 

データ更新日2017-01-27

科研費・共同研究等

歴史建造物における文化財の保存展示空間の再開発を目的とした理論の構築に関する研究

平成14年度科学研究費補助金 基盤研究(A)(2) 14209021

学会,機関: 東京国立博物館

代表者: 和田 浩(東京国立博物館)

研究分担者等: 木下 史青(東京国立博物館)

2004年

関連研究員(当館): 木下 史青  和田 浩 

データ更新日2016-07-29