研究成果分類:


発表,実施,発行年:


検索結果:1563件

科研費・共同研究等

失われた古代・中世絵巻の復元的研究―作品伝来情報の検討から―

科研費 基盤研究(B)課題番号 19H01215

代表者: 土屋貴裕(東京国立博物館)

研究分担者等: 安永拓世(東京文化財研究所)、恵美千鶴子(東京国立博物館)、 古川攝一(東京国立博物館)、井並林太郎(京都国立博物館)、 小林達朗(東京文化財研究所)

関連web: https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19H01215/

2020年

関連研究員(当館): 恵美 千鶴子  土屋 貴裕  古川 攝一 

データ更新日2020-09-12

科研費・共同研究等

公武の信仰を統合した足利将軍家の宗教政策からみる室町時代の宗教絵画の包括的研究

科研費 基盤研究(B)課題番号 19H01218

代表者: 畑靖紀(九州国立博物館)

研究分担者等: 古川攝一(東京国立博物館)、森實久美子(九州国立博物館)、 鷲頭桂(東京国立博物館)、井戸美里(京都工芸繊維大学)

関連web: https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19H01218/

2020年

関連研究員(当館): 鷲頭 桂  古川 攝一 

データ更新日2020-09-12

口頭発表

観音堂の仏像のみどころ

学会,機関: 仁和寺に学ぶ文化の継承 第5回 観音堂の千手観音と二十八部衆(於仁和寺)

発表者: 西木 政統(東京国立博物館)

2019年 12月 22日

関連研究員(当館): 西木 政統 

データ更新日2020-02-01

論文等

《研究ノート》奈良県松山古墳出土鉄鏡の再検討
The iron mirror of Matsuyama Kofun in Nara revisited

著者: 河野 一隆(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: MUSEUM 第683号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2019年 12月 15日

関連研究員(当館): 荒木 臣紀  宮田 将寛  河野 正訓  山本 亮  河野 一隆 

データ更新日2020-06-26

論文等

《研究ノート》東京国立博物館所蔵の如意輪観音菩薩坐像と檀像表現
The Seated Nyoirin Kannon of the Tokyo National Museum and Danzō sculptures

著者: 西木 政統(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: MUSEUM 第683号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2019年 12月 15日

関連研究員(当館): 西木 政統 

データ更新日2020-06-26

論文等

《資料紹介》永青文庫所蔵 早崎稉吉筆「造像所獲記」
Hayasaki Kokichi's Zozoshokakuki (Record of the Obtainment of Stone Sculptures)

著者: 石松 日奈子(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: MUSEUM 第683号

出版者: 東京国立博物館

OPAC  

2019年 12月 15日

関連研究員(当館): 石松 日奈子 

データ更新日2020-06-26

口頭発表

集められた扇絵―九州国立博物館所蔵「扇面画帖」の修理報告

学会,機関: 第5回源氏絵データベース研究会シンポジウム「室町時代源氏絵研究の最前線」,(基盤研究(B)オントロジーに基づく源氏絵データベースを共有、活用した源氏絵の総合研究(研究代表者:稲本万里子))於立教大学

発表者: 鷲頭 桂(東京国立博物館)

2019年 12月 15日

関連研究員(当館): 鷲頭 桂 

データ更新日2020-01-12

口頭発表

日本における中国書画の愛好
Japan's Enduring Love for Chinese Calligraphy

学会,機関: 東京国立博物館 月例講演   TOKYO NATIONAL MUSEUM Lectures

発表者: 六人部 克典(東京国立博物館)

関連web: 関連展示:中国書画精華―日本における愛好の歴史

2019年 12月 14日

関連研究員(当館): 六人部 克典 

データ更新日2019-12-25

口頭発表

江戸時代の美術に見る東西交流

学会,機関: 東京国立博物館 月例講演 TOKYO NATIONAL MUSEUM Lectures

発表者: 鷲頭 桂(東京国立博物館)

関連web: 関連展示:近世日本と外国文化

2019年 11月 30日

関連研究員(当館): 鷲頭 桂 

データ更新日2019-12-01

口頭発表

古代~中世初期の「夭」と「夭亡」

学会,機関: 歴史学研究会日本古代史部会

発表者: 金 玄耿(東京国立博物館)

2019年 11月 30日

関連研究員(当館): 金 玄耿 

データ更新日2019-12-02