研究成果分類:


発表,実施,発行年:


検索結果:1805件

他機関への援助,助言

ICOM京都大会運営委員

学会,機関: ICOM京都大会2019組織委員会

担当者: 遠藤 楽子(東京国立博物館)

2019年7月~3月31日

関連研究員(当館): 遠藤 楽子 

データ更新日2022-02-25

論文等

도쿠가와 후기 公家日記의 조정운영 기록과 그 의미: 그 시론적 고찰
The Feature of Court Noble Diaries in Late Tokugawa Era : Regarding the Politics of the Imperial Court

著者: 金 炯辰(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 일본역사연구

出版者: 일본사학회

2021年 12月 30日

関連研究員(当館): 金 炯辰 

データ更新日2022-01-05

論文等

惟肖得巌賛李白観瀑図試論―馬遠派観瀑図の受容

著者: 救仁郷 秀明(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: コレクションとアーカイヴ―東アジア美術研究の可能性(板倉聖哲・塚本麿充編)

出版者: 勉誠出版

 東アジア絵画における観瀑や瀑布の表現はいつ、どこで生まれ、どのように展開してきたのであろうか。本稿はそれを考察する端緒として、室町時代の観瀑図のうち、現存最古の作例として知られる惟肖得巌賛「李白観瀑 ... > つづきはこちら


2021年 12月 28日

関連研究員(当館): 救仁郷 秀明 

データ更新日2022-02-28

論文等

洞天福地への旅—明代蘇州における旅行絵画の一側面
洞天福地之旅—明代蘇州旅行繪畫的一個面向

著者: 植松 瑞希(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: コレクションとアーカイヴ—東アジア美術研究の可能性

出版者: 勉誠出版

2021年 12月 28日

関連研究員(当館): 植松 瑞希 

データ更新日2022-05-06

口頭発表

唐物模倣の論理

学会,機関: 日本中世土器研究会

発表者: 今井 敦(東京国立博物館)

関連web: 日本中世土器研究会

2021年 12月 4日

関連研究員(当館): 今井 敦 

データ更新日2021-12-07

口頭発表

名物刀剣といわゆる『享保名物帳』
Celebrated Japanese Swords and the "Kyōhō-Era Register of Sword Masterpieces"

学会,機関: 東京国立博物館 月例講演   TOKYO NATIONAL MUSEUM Lectures

発表者: 酒井 元樹(東京国立博物館)

2021年 12月 4日

関連研究員(当館): 酒井 元樹 

データ更新日2022-01-24

口頭発表

博物館の国際交流活動
International Relations at Tokyo National Museum

学会,機関: 東京国立博物館 月例講演   TOKYO NATIONAL MUSEUM Lectures

発表者: 楊 鋭(東京国立博物館)

2021年 11月 6日

関連研究員(当館): 楊 鋭 

データ更新日2021-11-08

論文等

論文展望 日本列島における古墳時代の鉄柄斧

著者: 河野 正訓(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 季刊考古学157

出版者: 雄山閣

2021年 11月 1日

関連研究員(当館): 河野 正訓 

データ更新日2022-03-01

口頭発表

樂長入の創意について

学会,機関: 茶の湯文化学会 東京例会

発表者: 今井 敦(東京国立博物館)

 長入は樂家第七代。初代長次郎、三代道入、五代宗入、九代了入らと比べると、その評価は高いとはいえない。長入の活躍期は、政治史ではいわゆる田沼時代、文化史では宝暦・天明文化期に相当する。この時期は、茶の ... > つづきはこちら


2021年 10月 23日

関連研究員(当館): 今井 敦 

データ更新日2021-11-02