研究成果分類:


発表,実施,発行年:


検索結果:1192件

論文等

春日大社 : 神々に捧げられた祈りと美

著者: 土屋 貴裕(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 土屋 貴裕 

データ更新日2017-02-08

論文等

甦る王朝の技と美

著者: 竹内 奈美子(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 竹内 奈美子 

データ更新日2017-02-08

論文等

春日宮曼荼羅鑑賞の手引き : 春日野を歩く

著者: 土屋 貴裕(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 土屋 貴裕 

データ更新日2017-02-08

論文等

誓願寺所蔵「春日宮曼荼羅」について

著者: 土屋 貴裕(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 土屋 貴裕 

データ更新日2017-02-08

論文等

春日大社刀剣「試考」

著者: 酒井 元樹(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 酒井 元樹 

データ更新日2017-02-08

論文等

春日社参詣と春日にまつわる和歌

著者: 恵美 千鶴子(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 恵美 千鶴子 

データ更新日2017-02-08

論文等

春日大社の甲冑

著者: 池田 宏(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 特別展「春日大社 千年の至宝」図録

出版者: NHK : NHKプロモーション : 読売新聞社

OPAC  

2017年 1月

関連研究員(当館): 池田 宏 

データ更新日2017-02-08

論文等

高等学校と考古学

著者: 市元 塁(東京国立博物館)

掲載誌,書籍: 真夏のトピック展示「全国高等学校 考古名品展」

出版者: 九州国立博物館

2017年

関連研究員(当館): 市元 塁 

データ更新日2017-01-27

事業関連の研究実績

「トーハク×アイデアソン」 訪日外国人の記憶に残る日本文化体験 —ICTは博物館で何ができるのか?—

ICTの活用による博物館の楽しみ方の多様化、2020年に向けた訪日外国人観光客の増加を見据え、「訪日外国人の記憶に残る日本文化体験-ICTは博物館で何ができるか?」をテーマに、「トーハクなび共同研究プロジェクト」の一環として「トーハク×アイデアソン」を開催した。29名の参加者による討議とアイデアの提案が行われ、参加者によるプレゼンテーションおよび、審査講評については一般公開された。

学会,機関: 東京国立博物館

関連研究員: 小林 牧(東京国立博物館)、藤田千織(東京国立博物館)、三田覚之(東京国立博物館)、川岸瀬里(東京国立博物館)、森田浩史(電通国際情報サービス)、阿部元貴(電通国際情報サービス)、澤畑 祥太(電通国際情報サービス)、末吉隆彦(クウジット)

関連web: トーハクなび共同研究プロジェクト  /  1089ブログ「トーハク×アイデアソン 最優秀賞は「あとから博」に決定!」  /  トークショー トーハク×アイデアソン 訪日外国人の記憶に残る日本文化体験  /  トーハク×アイデアソン 訪日外国人の記憶に残る日本文化体験-ICTは博物館で何ができるか?-

[「トーハク×アイデアソン」 訪日外国人の記憶に残る日本文化体験 —ICTは博物館で何ができるのか?— 開催報告](http://webarchives.tnm. ... > つづきはこちら


2017年3月11日、12日

関連研究員(当館): 小林 牧  三田 覚之  藤田 千織  川岸 瀬里 

データ更新日2017-08-15

事業関連の研究実績

東京国立博物館館内ガイドの位置連動型ガイド「トーハクなび」 ログデータからみるアプリケーション使用実績報告

東京国立博物館 総合文化展の鑑賞ガイドを提供する公式アプリケーション「トーハクなび」は、「ICTのチカラを使って、リアルな鑑賞体験をより豊かにする」ことを目指し、東京国立博物館、株式会社電通国際情報サービス(ISID)、クウジット株式会社によって発足した「トーハクなび共同研究プロジェクト」の活動の一環として、2012年度より企画、開発、運用されている。2015年からは、アプリケーションの改善と今後

学会,機関: 東京国立博物館

関連研究員: 小林 牧、藤田千織(以上東京国立博物館) 末吉隆彦、塩野﨑敦、飛鳥井正道、井原圭吾、霜田敦子(以上クウジット株式会社)

関連web: トーハクなび共同研究プロジェクト

[東京国立博物館館内ガイドの位置連動型ガイド「トーハクなび」ログデータからみるアプリケーション使用実績報告書](http://webarchives.tnm.jp/docs/navi/tohakun ... > つづきはこちら


2015年4月10日~2017年3月31日

関連研究員(当館): 小林 牧  藤田 千織 

データ更新日2017-08-15